モテる40代女性に共通する特徴。洗練された品性・知性・美意識

モテる女性 2022.05.01

モテる女性というのはいくつになってもモテるもの。人間的な魅力が見た目にも振る舞いにも出ているから、年齢に関係なく人を魅了してしまうのです。

40代女性は20代のような若さこそないものの、熟成された品性や知性、年月をかけて磨かれた美しさが光ります。

40代になってもモテる女性に見られる、共通する特徴をご紹介していきます。


40代と20代女性の違い。上品さや大人の色気は強い武器

20代女性の魅力と言えば若さやあどけなさ、可愛らしさが挙げられますよね。対して40代女性の魅力は、20代にはない色気や品性・知性などが挙げられます。

可愛らしさやあどけなさは40代女性にもたまに見られますが、大人の色気や落ち着いた上品な雰囲気は若い人に存在しません。

もしもあなたが歳を重ねたことで「もう若くはないから」とモテることを諦めているのなら、実にもったいないことです。

年上好みや熟女好みの男性からすれば、40代に特有の魅力を磨くだけで視線を釘づけにされてしまうものですよ。

一目で惹かれる!モテる40代の見た目に共通する特徴

相手の年齢に関係なくときめいてしまうことは、女性にも経験があるでしょう。男性も同じように、相手の年齢に関係なく女性を一目見てキュンとしてしまうことがあります。

すれ違ったときやパッと視界に入ったときなど、一目で男性が魅力を感じてしまう40代女性には次の特徴があります。

美意識が高く自分磨きを続けている

美意識の高い女性はいくつになっても自分を磨き続け、努力を怠りません。歳を重ねた分、磨き続けた魅力が頭一つ抜きん出て光っているのです。

40代になると美意識の高さの違いで、髪の毛先や肌質、指先などの美しさに表れます。

ツヤツヤでサラサラの髪を持ち、年齢を感じさせないきめ細やかな肌を持っている女性は、洗練された大人の色気を持っています。若い人にはない積み重ねが感じ取れて、味わい深い魅力を放っているのです。

健康的でスタイルが良い

40代になると身体のいろんな部分に不調が現れます。代謝が落ちて不健康になり、脂肪がついたり猫背になったり、ちょっとやつれていることも。

モテる40代女性は、美意識と共に健康への意識も高く持っています。ピシっと綺麗に伸びた背筋と、健康的でメリハリのあるボディラインをキープしているのです。

ただ露出を増やすのとは違う色気が宿っていて、若い人はもちろん、健康管理をサボってしまった同年代とも大きな差を持っています。

また、40代になっても健康的で美しい身体を保つというのは、相当の努力があってのこと。努力家な一面が伺える、実に好感触な特徴でもあります。

年相応の落ち着いたファッション

魅力的な40代女性は、自分が40代であることを正面から受け止めています。前向きに自分の年齢と向き合っているから、無理に若作りはしようとしません。

流行りを重視するよりも、シンプルでクラシカルな年相応の服装を選んでいます。

美しく健康的な身体をキープしているから、シンプルにシャツとパンツだけのスタイルでも目を奪われる美しさを持っているのです。

ちなみに「若作りしない」というのは「オシャレしない」という意味ではありません。年相応に落ち着いたアクセサリーやファッションで、大人らしいオシャレを楽しんでいるのも、モテる40代女性の特徴です。

魅力的な40代女性の立ち振る舞い。性格や品性に注目

40代になってもモテる女性には、魅力的に映る共通した立ち振る舞いが見られます。上品で知性が感じられ、見た目だけでなく人間性の魅力を感じさせてくれるのです。

落ち着きがあって優雅

年上を好む男性の多くは、年上女性たちの落ち着いた穏やかな雰囲気に惹かれています。40代になってもモテる女性たちは、いつでも落ち着き払った態度を貫いています。

滅多に動じることがなく優雅で穏やかな態度を持っているため、彼女の傍にいると「焦らなくて良いんだ」と安心させられるのです。

逆に嫌われやすいのが、いつも落ち着きがなくせかせかと急いでいる40代女性。大人として経験を積んだ女性には、傍にいて和やかなオーラを分け与えてくれるような癒しが求められています。

ジャンル問わず知識が豊富で賢そう

「あ、この人は賢いな」と思わせられるのが、40代女性に魅力を感じる瞬間です。学歴とは違う知識の豊富さは、まだ人生経験の浅い20代・30代女性にないもの。いわば40代ならではの魅力です。

知識が豊富なので話題が尽きず、いつまで話していても楽しく感じられます。特にジャンルを問わず様々な分野での知識があると、視野の広い人として純粋に尊敬できます。

ただし知識の豊富さは、自らひけらかすものではありません。聞き手に回ったときや、ふとした意見交換の際に、さり気なく知識を活かした発言をするのが本当に知的な印象を与えます。

聞き上手で包容力がある

女性は年齢を重ねるごとに母性が強くなっていきます。40代女性の聞き上手な面や包容力に惹かれる男性が多いのは、彼女たちの持つ母性に魅力を感じているから。

モテる40代女性は聞き手に回ることが多く、相手のことを優しく包み込み、否定せず受け止めてくれます。

話の途中で「でもそれは」と遮ることはなく、「そうだね」「頑張ってるね」と全肯定してくれます。つらいときに会いたくなる女性として、男性から好かれやすいのです。

謙虚で偉そうに振る舞わない

俗に「おばさん」と言われる人たちには、図々しくて傲慢な態度が見られがち。40代でもモテる女性にはそれと対極の、謙虚で偉ぶらない態度が共通します。

ネガティブに自分を卑下するわけではなく、あくまで謙虚な態度で相手を尊重するのが特徴。

  • 自慢しない
  • 上から目線にならない
  • 強引になったり説教がましくならない

人を不愉快にさせない慎ましやかな態度は、まるで「良妻賢母」のイメージそのもの。誰かにアドバイスや指導をするときにも、嫌味のない穏やかな態度を見せてくれるので、職場で惹かれる男性も少なくありません。

精神的・社会的に自立している

昔は今よりも「男は仕事・女は家庭」という意識が強かったため、40代くらいの女性になると特に精神的・経済的に男性を頼ろうとする人が見られます。また、か弱さをアピールするために男性を頼ろうとする女性もいます。

未熟な女性なら頼りなさも魅力ですが、40代女性なら自立した強さやしなやかさが魅力になります。

結婚を考えるにしても、経済的な負担が全て男性にのしかからない分、人生を支え合うパートナーとして平等に協力し合えます。頼られるのが好きな男性は多いですが、あまり他力本願に頼られっぱなしだと嫌気がさすというもの。

それにいつも気丈に振る舞っている女性が、たまに弱みを見せる瞬間にこそ、ときめきを感じるというもの。自立した40代女性にはそうしたギャップのロマンがあるのです。

上品でマナーがある

社会人として長い経験を培った40代女性なら、上品なマナーが備わっていることで20代にはない魅力が生まれます。

  • 食事の所作が綺麗
  • 言葉遣いが丁寧
  • 字が綺麗で読みやすい
  • 座り方や歩き方が上品

…などなど、こんな立ち振る舞いにマナーや品の良さが感じられるのが、モテる40代女性の魅力。

一緒に隣を歩いていて自慢になりますし、清楚でいつまでも女性らしさが感じられます。

見ていてうっとりしてしまうエレガントな雰囲気が、40代女性を魅力的にしているのです。上品な奥ゆかしさは、年相応の色気を感じさせるという意見もありますよ。

良識があり、人の悪口を言わない

人は歳を重ねるにつれ、世間にもまれて図太くなり、繊細さが失われやすくなります。もともと女性は会話が好きな生き物ですから、40代になると陰口や悪口を言ったり、人に難癖をつけることが増えてきます。

40代になってもモテる女性たちは、いつまでも良識を失うことなく、誰かや何かを軽はずみに批判しません。

悪口を言わないというだけで、男性からは絶大な信頼を得ます。また、他にも次のような性格の良さが40代女性を美しく見せてくれます。

  • 人に親切にする
  • 素直にお礼を言える
  • 誰にでもきちんと挨拶をする

人間的な魅力のある女性は、いくつになってもモテるもの。性格の良さは「素敵な妻・母親になりそう」だと男性から支持を得ます。

前向きで笑顔を見せてくれる

40代と言えば少なからず加齢を感じる年頃。ついネガティブで卑屈になることも多くなりますが、だからこそ40代でも前向きに笑顔の多い女性はひときわ輝いて見えます。

いつでも笑顔でいる女性は見ていて癒される上、年齢に関係なく可愛らしさが感じられます。

特に頼りなさからはかけ離れた、気丈でしっかりした40代女性の笑顔はギャップがあり、男性の心を揺さぶります。

また、40代くらいになると笑い方にも特有の色気が生まれます。ほろっと溶けるような穏やかな笑い方は、若くて可愛いだけの女性にはない気だるげな色っぽさがあるのです。

ただの若作りおばさんに格下げ。嫌われる40代女性の特徴

いくつになってもモテようと努力するのは良いことです。しかし努力が空回りして、年齢に見合わないモテ術を鵜呑みにしてしまうと、逆に「痛々しい」と言われるおばさんが出来あがります。

40代で次のような言動は、モテるどころか嫌われやすいので要注意。

無理をして若作りする

若い人の流行りを取りいれようとして、服装や言動が若作りになっている40代女性は、「痛々しい」と言われ悪目立ちします。

流行に合わせて若作りをするよりも、自分に似合う服装や言動を確立している方が40代女性として魅力的です。

また、流行が分からないのに無理をして付いて行こうとすると、いまいちニュアンスを理解できず、チグハグな印象になることがほとんど。不格好になるだけですから、若作りは控えた方が無難。

男性に守って貰おうとする

男性は頼られると嬉しくなり、女性を守りたくなる生きもの…確かに間違った情報ではありませんが、40代の女性がこれを鵜呑みにして、男性に守ってもらおうとアプローチするのは間違いです。

40代にもなれば、自分の身は自分で守れるくらいの自立した力が備わっているはず。年甲斐もなく男性を頼り、守って貰おうとすれば、「あざとい」「痛い」「ぶりっ子」の烙印を押されます。

まだ人生経験の浅い20代がやるならまだしも、ある程度の経験を積んだ40代女性のアプローチ方法としては不適切。「その歳になってもまだ一人でできないの?」と思われれば一気にモテから遠のきます。

品性も知性もなく、下品

モテる40代女性には知性と品性が備わっています。逆に嫌われる40代女性には、それらが一切なく下品な点ばかりが見られます。

  • がさつで物を乱暴に扱う
  • 脚を広げて座る
  • 下ネタに抵抗がなく、よく口にする
  • 一般常識的な知識に欠けている

20代・30代の人ならまだ人生経験の浅さを理由に出来ますが、40代で品と知性に欠けるとあっては、人間的に致命的な欠点です。

「知り合いと思われたくない」「隣を歩きたくないなど」下品な40代女性はかなり嫌われがち。

もちろん品がないため女性として意識されることはほぼありません。気安さをアピールしようとして無理に下品に振る舞うのはかなりの悪手なので注意してください。

説教がましく話が長い

40年も生きてきたとあれば、積み重ねてきた人生経験に胸を張れる年頃でしょう。その自信が災いして、人に上から目線で説教のように話をする40代女性は嫌われます。

あくまで楽しく会話をしたいのであって、会う度に毎回説教をされては不愉快です。「あの人と話すと説教っぽくなるから…」と男性が寄り付かなくなってしまいます。

もちろん相手のことを思って、アドバイスのつもりで話すこともあるでしょう。しかし受け取る側からすれば、説教じみた内容はまるで先生や母親と話しているようで、何だか心が休まりません。

頼れる先輩にはなれても、魅力的な恋人にはなれません。

40代には40代にしかない魅力がある。年相応の美しさが大切

人の魅力は絶えず変化していくものです。20代には20代の、40代には40代の持つ魅力がありますから、今の自分が持てる魅力を最大限に引き出すことが大切。

40代の女性は人として磨き抜かれていて、いろんな経験により味わい深く、知れば知るほど興味を引かれる存在です。

一度心を掴んでしまえば、若さと可愛らしさが取り柄の若年層に負けない引力で男性を引き寄せます。モテる40代女性の特徴を目指して、大人の色気を磨いていきましょう。

▼年下彼氏についてはコチラを参考にしてください!

関連記事