大阪 梅田 難波 心斎橋 占いの館ルーナのZOZOTOWN前澤社長の数年間の運気

なんば・心斎橋店

梅田店

有名人を占ってみました
  • 仕事編

2019.2.7 ZOZOTOWN前澤社長の数年間の運気
はじめまして。

 

本日より、占いの館ルーナでお世話になっている

 

桜 鈴音(さくら すずね)と申します。

 

 

第一弾blogとして、今回は「数秘術でみた有名人の今後の運気・運勢について」

更新します。

 

 

私が今回、数秘術で鑑定をさせていただいたのは、

ZOZOTOWNの前澤社長です。

 

omakase

 

2018年から2020年までの大体の年回りと運勢を出させていただきました!

 

前澤社長の一年の動きをみる個人年ですが、2018年の誕生日以降は8の年となっています。

 

これはどういう年かというと・・まずは負債の片付けとか借金などの赤字などについてのクリアをするべき時期に差し掛かっていて、これから先の人生について貯蓄計画を見直す段階です。

まだこの時期は終わっていません。

貯蓄計画など自分が考えていることの手段とそれをやりきる能力を養う時期でもあります。

 

また・・今の人生の大まかな流れからすると・・これまでもですがこれからもマイルールを作って思ったように生き、場合によっては前澤社長の「マイルール」と社長以下の経営方針がそぐわないと感じるならば経営から自ら離れることや遠ざかる、自己とほかの人の欲求バランスを考えておき人と共生する大切さを学ぶ試練の時期でもありますから、部下や子会社と考え方が合わないのであれば折り合うようにすることを言われる時期ですね。

可能性としては折り合わないので窮屈さを感じてどんどん手放されるようになり、負債やローンや赤字となっているものを手放すとか、その結果周りと共生する大切さを身をもって学ぶことにこれからもなるでしょう。

 

また前澤社長の2019年の誕生日以降の12月以降の一年間ですが、いらないと思う関係をすべて整理して仕事の合理化を図るように思われます。

同時に新業態なども準備することになりますが、どうも海外関連の新事業に入れ込みすぎてしまうとか海外関連でやりたいことがあってそちらに没頭することも可能性としては考えられますね。

そういった流れでやはりまた自己とほかの人の欲求バランスに違いが生じてくることが考えられます。

 

unnamed-file

 

その次の2020年度では新しい環境目まぐるしい環境変化が伴います。

ひょっとしたら新しい業態や新しい会社などを設立されるかもしれません。

また家庭面でも変化があり、家族ができやすい時期でもあります。

ただここでもやはりマイルールで生きるということやそれにより飛び出すとか定まらない運気と自己とほかの人との欲求バランスが課題で人と共生することがどういうことなのか身をもって学ぶというところには変化がないでしょう。

 

前澤社長、数秘術でみるとハート数が6意志数が8です。

 

新しいことに取り組んだとしてもやはり自由であることを望み、美しいものを愛し調和と人の和と平和を心から欲していますが、周囲の状況をよくも悪くも変化させるきっかけをつくるのも、他人のことを考慮しない場合も多々あるようですね。

 

そういった面が、ここから数年間の運勢を大きく左右することになるようです。

あと数年後・・2021年12月から、そして2022年、2023年と前澤社長の運命はまた大きく変わっていくこととなるでしょう。