大阪 梅田 難波 心斎橋 占いの館ルーナのなぜ占いは当たるのか? ホンマでっか!?雑学

なんば・心斎橋店

梅田店

いつもご来店をいただきまして、ありがとうございます。 年末年始の営業について以下ご案内致します。 誠に勝手ではございますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 ◇年末年始お休み期間◇ 2018年12月30日(日)~2019年1月1日(火)

占い師の開運ブログ
  • パワースポット編

2018.12.6 なぜ占いは当たるのか? ホンマでっか!?雑学
会って話せる女神ユノです(^-^)/

 

今日は『なぜ占いは当たるのか?』について書いていきますね!

 

今日の記事は雑学です。

ホンマでっか!?という目線で楽しんでくださいね!

 

DE4374E5-BBB6-43D4-A81A-DFE0D376F354

 

占いはなぜ当たるのでしょうか?

この問いは近代いろんな人が喧々諤々と議論してきた話題です。

 

しかし、結論から言うと、実は、

 

『占いがなぜ当たるかは、2018年現時点ではわからない』

 

と言うのが定説です。

つまり、

 

『占いはあたるけど、なぜ当たるのかわからない』

 

ということ。

 

意外でしょ(笑)

でもそうなんですよー。

 

こう風にお伝えすると、

 

『え?占いは統計学だから当たるんでしょ?』

 

って疑問を投げてくださる方もいますが、それも実は厳密に言うと違います。

 

たしかに、フランスの研究で占いには統計的な側面があるとわかっています。

また実際に統計学を取り入れている占いもあります。

ハーフサム占星術とかね。

 

しかし、同時にこんな研究結果をアメリカの研究チームが出しています。

 

アメリカで、ある時期に自殺した人の生年月日から、その人の生まれ持った星を出し、何か共通する法則ががあるのではないか?と統計を取るという、実験が行われました。

 

すると。

 

なんと、統計学的にはその時の星回りと自殺者の間には、なんの関係もないことが判明しました。

しかも統計を取った自殺者達の生まれ持った星を観察しても、これといった共通性も見出せなかったそうです。

 

つまり、この実験からは、

 

『占いは統計学である!と断定することはできない』

 

という結果がでたのです。

 

ということは、まとめると、

 

『占いには統計学的な側面があるが、占いは統計学であるとも決めることはできない。

したがって、占いは当たるが、それは占いが統計学であるから当たるのではない。』

 

ってことなんですよ。

 

そう。

 

占いは当たるけれどなぜ当たるのかはわからない。

 

と言うわけです。

これが2018年現在における占いの実情です。

 

1F05D562-F90F-47C6-AA9C-B9F66C6AB21E

 

占いはなぜ当たるかわからないけど、当たる。

 

不思議ですよね!

私は、その不思議さが面白くてたまりません。

だから占い師をやって、研究を重ねています。

 

この摩訶不思議で、面白い不思議な占いの世界を体験しに、ぜひルーナに遊びにきてくださいね!

私が鑑定士じゃなかったら、私も見てもらいたいぐらい面白そうな先生がルーナにはいっぱいいます(笑)

 

ユノも鑑定内で、こういうホンマでっか!?な占い雑学を色々お伝えしています。

こういう占い師の雑学もめちゃ面白いですよ(笑)

 

おしゃべりに来るぐらいのノリで遊びに来てくださいね!

 

おはようからおやすみまで、軽い話からヘビーなお悩みまで。

あらゆるジャンルのご質問とご相談を、ユノはお待ちしております(^-^)

 

すべてはあなたの笑顔のために。

あなたの日々に光が満ちますように。

 

お読みくださりありがとうございます。

 

ユノより